【必見!】オーストラリアにワーホリしたい人が準備すべき3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         

みなさんこんばんは!

 

今日は僕が2015年の夏から2017年の冬までオーストラリアにワーホリに行っていたタクヤ(@takudaipare)です。

その経験をもとに、

これからワーホリしたいと考えている人に、まず考えて欲しいこと、

それは、どれが必要なことで、

何をする必要がないのかをしっかりと留学エージェント以外の人の話を聞いて欲しいなと思います。

行ってから後悔して欲しくはありません。

僕は日本人の多くの人から後悔してるという言葉を聞きました。

準備と情報、この二つをしっかりとして、後悔のないワーホリにしてもらいたいなと思っています。

 

では具体的に話していきたいと思います。

 

 

オーストラリアにワーホリしたい人が準備すべき3つのこと

 

ホームステイは絶対にしないといけないことではない

 

海外留学!と言ったら海外の一般の家にホームステイして現地のリアルな生活を体験するのが醍醐味と言われています。

 

A さん
質問!ホームステイは楽しくないの?

 

ホームステイ先は各エージェントによって違いますが、大体はオーストラリア人の一般家庭に1ヶ月間滞在しながら、その国の文化、習慣を体験することができます。

響きはすごい良く、海外に来たなという実感を沸くことができ、その家族によってはホームステイが終わった後でも連絡を取り合ったり、仲良くしてくれるところもあります。

 

ですが、運が悪いと、その逆のつまらない1ヶ月になることもあります。

 

それは、もちろんホームステイ先の家族構成、年齢、どんな人かは事前に教えてくれますが、

例えば僕が他の日本人から聞いたのは、

  • ご飯の量が少ない、冷凍食品が多い
  • 意地悪なおばさんがいた
  • 英語が話せないと露骨に嫌な態度を取られる

など、ある種デメリットがあるのも事実です。

 

実際僕が出会った日本人の9割はホームステイをしたのですが、

このように家庭によってはひどいところもあり、ホームステイ代も決して安い金額ではありません。

そんな家族と1ヶ月嫌々生活をするなら、最初からシェアハウスに住んで節約した方が良かったと言う人も大勢いました。

みんなが口を揃えて言ってたのは、ホームステイ1ヶ月の間に語学学校で友達も出来て、

学校が終わった後も、みんなと遊びたいけどホームステイ先の家族に気を使わなきゃいけないから、

遊びずらいし、ホームステイをしなくても良かった。と言っていました。

 

スマホはSIMフリーのものを準備する

 

おそらく多くの人が迷うのが、今日本で使っている携帯をどうするかということです。

 

オーストラリアにいる日本人の多くは

  1. 日本で使っていたスマホを解約してWi-fiだけで使える状態で持ってくる
  2. 番号お預けサービスを使って、解約せずに携帯番号を保管した状態で持ってくる
  3. オーストラリア用のスマホを現地で新たに新規契約して使う

 

ちなみに僕はソフトバンクユーザーで、携帯番号を預けるサービスを使い、

日本で中古のSIMフリーのiphoneを買って使ってました。

僕はiphone6を使っているのですが、SIM解除できない端末だったので、必然的にもう一つスマホを買わなくてはなりませんでした、、、。

 

 

考えられる最良のパターンは

  • 日本のスマホを解約してWi-fi時だけ使用可能+現地の携帯購入又はレンタル
  • 日本のスマホSIMフリー化+番号預ける(月数百円)そしてSIMカードだけ現地で購入

これがベストの選択肢だと思います。

 

 

僕は2台スマホを持っていき、日本にいる友達、家族はこっちの携帯、

オーストラリアにいる人と連絡取るのはこっちの携帯、、、とめんどくさかったです。

なので出来たら一台に済むように準備することをお勧めします。

 

語学学校通う前に自分の英語レベルを知る

 

↑入学日に撮った同期のみんな(ほぼブラジル人笑)

 

ワーホリは最長4ヶ月間語学学校に通うことができます。

人によっては1週間だけの人もいたし、4ヶ月間みっちり勉強していた人もいました。

僕は2ヶ月間ゴールドコーストにある語学学校に通いましたが、まずクラス分けのテストがあり、

その結果で初級〜中級・上級レベルに割り振られ、学校生活がスタートします。

僕のいた語学学校は約9割の日本人の生徒が一番下のクラスから始まり、

勉強内容は、日本の中学・高校で勉強した内容から勉強します。

そこから始まると長期通うことで英語レベルは上がりますが、

日本にいる平均の日本人の英語レベルと同じく位にしか伸びないので、

そこで数ヶ月お金と時間をたくさん費やすなら、

 

ワーホリに行く前にある程度文法と単語を勉強してから語学学校に通うこと

をお勧めします。

 

また、人によっては最初から学校に通う必要もなく、生活しながら少し英語力を身につけて、

それから学校に通ってさらに伸ばすのもありだと思います。

 

まとめ

どれだけ情報を知ってるかで変わる

 

他の人よりも充実したワーホリ生活を送りたいのであれば、たくさんワーホリに関する情報を集めて、

自分にできる準備を最大限することによって、その後の生活は変わります。

留学エージェントを使う人が多いと思いますが、そこで日本で稼いだお金を使うよりも、現地の生活費にお金を回した方が絶対に賢いです。

 

このブログでワーホリの準備をしている方の少しでも助けになったら良いなと思います。

 

<おすすめ記事>

オーストラリアのローカルで仕事したら、時給$44貰えて稼げた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。