ポーレックスのミニコーヒーミルを1年間使い続けた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         ポーレックスコーヒーミルを1年間使ってみた

 

 

こんにちは、タクヤ(@takudaipare)です。

 

今日は、去年の冬に買って、1年以上今でも愛用しているポーレックスのコーヒーミルのアフターレビューをしたいと思います。

 

僕の記事を参考にあれから多くの方が同じポーレックスのコーヒーミルを買ってくださっています。

 

ポーレックス のコーヒーミルは珈琲ライフを始めたい人にオススメ!

 

 

最初に買って良かった点をまとめたのがこちらです。

 

  • コーヒー豆を挽く楽しさを知った
  • どこにでも持ち運びできる小ささ、便利さ
  • 1~2人用にコーヒー豆を挽くにはぴったりサイズ
  • 手入れが簡単

 

逆に、1年間使ってみてのデメリットがこちらです。

 

  • 手動で豆を挽くめんどくささがたまにある
  • 同じ豆を使ってる一定期間、洗うのがめんどくさくなる

 

1年間使ってみての感想、思ったことを参考に、ぜひ新しくコーヒー生活を送るあなたのご参考になれれば、すごい嬉しいです!

 

 

 

ポーレックスのコーヒーミルの良い点

 

まず僕が使っている商品がこちらです。

 

 

created by Rinker
ポーレックス(Porlex)
¥8,999 (2020/05/26 03:36:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

コーヒーミルの高さが13.5cm、重さが250gとかなりコンパクトで自分1人用、もしくは2人、3人用であれば全く問題ないサイズ感です。

 

 

コーヒー豆を挽く楽しさを知った

 

 

まず、1年間使ってみて、1番思うのが、やっぱりコーヒー豆を挽くという行為そのものが、楽しくて仕方ないということです。

僕の場合、コーヒー豆の焙煎も自宅でしていて、コーヒー豆の種類によって若干焙煎時間とかが違うんです。

そうすると、焙煎したコーヒー豆の大きさや質量によって、豆を挽いたときの感触が変わってくるのです。

簡単に音で表現すると、同じコーヒー豆の重さだけど、「ゴリゴリゴリ…」と振動を感じる時もあれば、「カリカリカリ…」とすんなり早く挽き終わる時との違いが楽しめる様になりました。

 

 

どこにでも持ち運びできる小ささ、便利さは高得点

 

 

僕がポーレックスのコーヒーミルを買った理由の大きな要因は、

持ち運びが楽で、扱いやすい

これに尽きました。

僕は、家でもコーヒーを飲むのですが、外でもコーヒーを淹れて飲んでいます。

休みの日は自然がある場所(海、川、山、渓谷、沢)などに行って、大雑把に持ってきたアウトドア用品を置いて、そこでのんびりとするのが好きなんです。

その時もやっぱりコーヒーミルは欠かせなくて、いつも重宝しているのすが、サイズが小さいので、小さなバッグ1つにコーヒー関係のものをまとめることができます。

他のメーカーなどで、色々オシャレなコーヒーミルや本格的っぽいデザインのコーヒーミルとかいっぱいありますけど、やっぱりシンプルで、小さくて使いやすいポーレックス一択となっています。

 

 

1~2人用にコーヒー豆を挽くにはぴったりサイズ

 

先ほども言いましたが、とにかくコンパクトサイズなので、自分1人の為だけであったり、友達、恋人など、2人、3人用であれば、間違いなくこのサイズで問題ないと思います。

 

どこか収納場所を確保する必要もないですし、手軽にコーヒー豆を引きたい人には本当にオススメです。

もし一度にたくさんの人にコーヒーを淹れるときは、やっぱりサイズが大きくないので、何回か頑張ってゴリゴリ時間かけて挽くしかないと思います。

 

 

コーヒーミルの手入れは簡単

 

コーヒーミルの洗浄に関しては簡単で、部品数も少ないし、2〜3分もあればすぐに洗い終わると思います。

部品はセラミック製なので、洗っても部品がさびることもないですし、丸ごと水洗いが可能なので衛生的です。

 

(僕はこの2~3分もめんどくさくて、サボりがちです…笑)

 

 

1年間使ってみて思う個人的なデメリット

 

と、こんな感じで1年間ポーレックスのコーヒーミルを使ってみての良かった点を話させてもらいました。

そしてこの製品に対して、正直デメリットというのがこの1年間で何も見つけられなかったです。

それくらい万能で僕にフィットしていたのですが、強いて、強いて言うならというのを話したいと思います。

 

 

手動でガリガリするのがめんどくさい時もある

 

あの〜基本的には、全く文句のない製品で、めちゃくちゃ愛用させてもらっています。

ただ、朝起きて「あ〜コーヒーでも淹れるか」って思ってキッチン立つのですが、たまに「うわ〜なんか今日コーヒー豆挽くのめんどくさい」と思ってしまう日もあります、正直なところ。笑

 

やっぱりそんな時、「あの自動で豆入れた瞬間あっという間に粉になる電動ミル欲しいな〜」って思ってしまいます。

ただ、そう感じるのは、朝のあの眠たい瞬間の時だけで、それ以外は全然喜んでいつも豆を挽いています。

 

それに関連しためんどくささで、

 

同じ豆を使ってる一定期間、洗うのがめんどくさくなる

 

これ、もしかしたら”あるある”かもしれません。

 

コーヒー豆は1日でなくなるものでもないですし、ある一定期間同じ豆のコーヒーを飲み続けると思います。

そうなった時、やっぱり人間ですし、「明日もどうせ同じ豆だし、洗わなくていっか」ってなってしまいます。

 

これは仕方ない…はず。笑

 

コーヒー豆の種類が明日から変わるよって時は、いつもより入念に洗って綺麗にしています。

 

なので、デメリットとというか、これは僕の人間性だと思うのですが、この2つのデメリットを挙げさせてもらいました。

 

 

まとめ

 

1年間、同じポーレックスのコーヒーミルを使い続けて、製品自体の良くない点などは、正直見つかりませんでした。

きっと僕自身、コーヒーに関して素人ですし、特別知識を持った人間でもないので、単純にコーヒーファンとして毎日楽しんでいるだけだからだと思います。

 

人によっては扱いづらいでしょうし、手動のめんどくささが嫌になる人もいると思います。

僕は、コーヒー豆を家の中、自然の豊かな場所で挽くあの楽しさがたまらなく好きなので、これからも壊れるまで使い倒していくんだろなと思います。

 

もし、この記事を読んで、「あ、俺(私)もコーヒー豆、家で挽いてみたいな、自分でコーヒー淹れたいな」って思ってくれたら、本当に嬉しいです!

 

買って後悔は絶対にない製品だと言えるので、ぜひ買ってみて新しいコーヒー生活を始めてみてはいかがでしょうか?

 

created by Rinker
ポーレックス(Porlex)
¥8,999 (2020/05/26 03:36:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

<オススメ記事>

珈琲をアウトドアで楽しみたい人必見!揃えておきたいモノ5選

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。