フリーランスで映像製作の仕事を始めるのに必要な3つのスキル

フリーランスで映像製作する為に必要な3つのスキル

こんにちは、フリーランスビデオグラファー のタクヤ(@takudaipare)です。

ここ1年2年でYoutubeで動画配信を始めた人も多くなってきました。

僕自身、日頃からたくさんの人の映像を観ながらインプットし、自分の映像製作に役立てています。

基本的に映像製作で上手い人と、そうではない人の差はとても分かりやすいです。

個人的に3つのポイントを軸に上手い下手を判断しています。

  • 映像のストーリー
  • 画角

この3つを特に意識しながら映像製作をすると、より観ている人の心に刺さるものができると思います。

逆にこの3つがうまく絡み合わないと、正直すぐに観るのをやめてしまう映像ばかりになってしまいがちです。

フリーランスだと1個1個のプロジェクトの結果がとても大事です。

その結果次第で天国にも地獄にもいきます。

それでは、具体的にこの3つについて話していきたいと思います。

1, 映像のストーリーをしっかりと作る

まず、この動画のストーリーをしっかりと作らないと、いくら手動かして行動して撮影しても、結果的に誰にも観られないままタイムライン に飲み込まれて行ってしまいます。

コマーシャルの映像や、映画、ドラマでも、まず、企画・立案をします。

”何”を WHAT

”だれ”に WHO

”どうやって” HOW

この3つを念頭に商品やサービスを宣伝するために必要なストーリーを作っていきます。

それは対企業やお店だけではなく、自分1人で趣味で撮影する場合や友達、恋人と撮影する時も同じです。

よくVlogという形で、日本国内や海外旅行の様子を撮影していますが、ほぼほぼ昔でいう『ハンディーカムを持ったお父さんが撮影したレベル』の映像がたくさんあります。

冷静に考えてみると、

「他人のホームビデオをだれが観たいですか?」

となると思います。ということはいくら時間をかけて製作しても、だれにも観てくれなくなります。

問題は、結局”何”を見せたいのか、そこがあいまいだから、観る側も?マークになってしまうのです。

フリーランスとして仕事をしていくのであれば、そこの視点が欠けていると話にならないのが現実です。

この”何”を見せたいのかをしっかりと考えると、次に説明する画角に繋がっていきます。

2, 画角のメリハリをつける

1つ目の映像のストーリーをしっかりと作ることで、必然的に撮影するときの画角を意識せざるを得ないと思います。

例えばこの画像をご覧ください。

嵐山渓谷

この画像を見たときにどれくらいの情報が得ることができますか?

  • 川がある
  • 天気がよく青空だ
  • 1人の男がコーヒーを飲んでいる
  • テーブルの上にものが置いてある
  • 砂の上にいる
  • 椅子に座ってる

などなど、たくさん1枚の写真からたくさんの情報を得られます。

動画は写真を高速で連続的に撮影しているもので、画角の考え方は同じです。

ただ違うのは、動画は常に動いているものなので、長い時間同じ画角を観てると飽きてしまいます。

ということは、常に画角を変えながら観ている人を飽きさせないようにしないといけません。

先ほどの画像を見てるとこんな気持ちになりませんか?

『テーブルの上に何が置いてあるんだろう?』

『川の流れはどれくらい速いんだろ?』

『鳥とか動物とかいるのかな?』

つまり、動画製作をするときには、こういった1個1個の疑問を解決させる役目があるのです。

1カット目で先ほどの写真の画角で撮る。

2カット目はテーブルの上にあるものを撮る。

3カット目は川の流れと音を撮る。

4カット目は周りにある自然を撮る。

これだけでストーリー性が増してくるし、画角を変化させながら見せることで、観ている人が飽きないのです。

いろんな人のVlogや映像を観ると、この視点が欠けていることが多いです。

本人は自分の視野に入っていて、どんなものなのか、場所なのかを理解していますが、観ている側は全く分かりません。

なので、画角を意識しながら撮影するとグッとクオリティーが高くなります。

3, 音で他の人と差をつける

最後は音です。

音と言っても色々ありますが、映像製作をするなら、カメラ本体にある内蔵マイクではなく、外部マイクを使っていると思います。

そのマイクを使って、ただただ音をしっかり録音するのです。

中には撮影したデータの音を全て0にして、BGMを使って”それっぽく”雰囲気のあるものを作りますが、

これだと、臨場感や現実感が湧いてきません。

最初に見せた画像を見ると分かりますが、きっと自分の頭の中で川の音や風の音、鳥の鳴き声など想像できると思います。

その音があって初めて”自分”の頭が心地良い状態になるのです。

BGMでかっこいい音楽を流されても、映像どうこうというより、その音楽の良し悪しを判断しがちになってしまうのです。

そうすると、映像を観終わったときに、特別何か感想も生まれないものになってしまいます。

BGMはあくまでも補助的役割です。

BGMより、そのときの”生”の音の方が重要です。

ここを意識して撮影すると、より上手な映像になると思います。

まとめ

映像製作をしていくと様々な状況で判断を変える必要があったり、カメラ、レンズを変えたり、天候にも左右されます。

その上で、今挙げた3つのスキルを混ぜ合わせていき、1つの映像を作っていきます。

となると、いかに映像のストーリーが重要かが分かると思います。

画角ひとつでインパクトを与えることができます。

音ひとつで観ている人に感情移入させることができます。

ぜひ、今後の映像製作に役立ててくれたら良いなと思います。

僕のYouTubeチャンネルはこちらです。

T-NINE BASE

<オススメ記事>

買うの待った!東京カメラ機材レンタルでまず借りて試してみない?

買うの待った!東京カメラ機材レンタルでまず借りて試してみない?

東京カメラ機材レンタル

 

こんにちは!タクヤ(@takudaipare)です。

 

普段趣味で一眼レフを使っている人や、プロのカメラマンさんなら分かると思いますが、

 

カメラ本体、レンズ、その他アクセサリーっていちいち高いですよね…。

欲しいボディーやレンズの値段を見ると白目になるし…。

 

かといって家電屋さんに行って試しに使う程度じゃその良し悪しが分からなくて、それに店員のセールストークもネットショプのレビューも他人だからどこまで信じていいか分からない…。

 

そんな人にオススメしたいサービスがあります。

 

東京カメラ機材レンタル

 

先日初めてここを利用してレンズをレンタルしたのですが、

 

早い・安い・楽ちん

 

もしあなたがカメラ機材を買うのをためらっているなら、まず一度レンタルしてみるのを強くオススメします。

 

まじで。

 

続きを読む

スキンケアに無知な男よ、ワセリン塗るだけで、スキンケアができるの知ってた?

ワセリンでスキンケア

 

こんにちは!タクヤ(@takudaipare)です。

 

突然ですが、ワセリンって知っていますか?

ワセリンでスキンケアができることを知っていましたか?

スキンケアの基本的な答えは1つです。

「肌の潤いを保つこと」です。

この簡単な答えを求めるために、たくさんのスキンケア商品を試してきたと思いますが、今日でそれは終わりです。

ワセリンを塗るだけで、肌の潤いはキープできます!

 

続きを読む

30代男性にオススメの映像クリエイター5選!

30代男性にオススメの映像クリエイター5選!

 

こんにちは!タクヤ(@takudaipare)です。

 

今日は、30代の男性に向けた、僕がオススメする映像クリエイターを5名ご紹介したいと思います。

映像クリエイターと聞くと、ほとんどの人には馴染みがないし、

「興味ないよ」って思われたらそれまでなのですが、基本的に今から紹介する5名の方々は、映像を撮ってYoutubeにアップロードしております。

みなさん30代で住んでいる場所もバラバラなのですが、共通していることは、

「自分だけのライフスタイルを持っており、日々の生活をいろんなことに興味を持ちながら生きている」ことです。

 

働き方改革や、生き方について前よりもっと国民が意識し始めていると思います。

その中で『趣味がない』『休みは家でダラダラ』『やりたいことがない』

という男性がほとんどなんじゃないかと思っております。

今日はそんな人たちにぜひ読んでいただきたいなと思います。

彼らのYouTubeのURLも添付しますので、ぜひチェックしてみてください!

 

続きを読む

TOEICの勉強じゃなく、その先の世界をイメージして英語を好きになろ

TOEICの勉強より、英語を好きになること

 

こんにちは!タクヤ(@takudaipare)です。

 

今、この記事を読んでいるということは、

 

TOEICのスコアをあげたいけど、なんか楽な方法ないかな〜

TOEIC受験する予定だけど、モチベーション上がらない

そもそもみんなが色々な勉強法言ってて、どれが自分に合うか分からない

 

と近道を探してたり考えている人だと思います。

 

まず率直に質問します。

 

「英語好きですか?」

 

これに対し絶対的な自信を持って『YES』と答えられた人は、正直スコアは必ず上がります。必ずです。

それに対し、「う〜ん、好きっちゃ好き」

と心の中で思った場合、自分が目指すTOEICのスコアに到達する時間はかなり長いと思います。

 

どんなこともそうですが、自分が好きじゃないことには人間は頑張れないというのがあります。

まずは英語を好きになるということがTOEICのスコアUPにつながりますし、英語が話せるようになる大きなキッカケになります。

 

続きを読む

2019秋キャンプするならここ!人気の菖蒲ヶ浜キャンプ場

菖蒲が浜キャンプ

 

こんにちは、タクヤ(@takudaipare)です。

 

暑い夏が終わろうとしていますが、キャンプをするならこれからがもっと心地よい季節となってきます。

 

今回は、先日訪れました、栃木県日光市になります、中禅寺湖、その湖畔にある菖蒲々浜キャンプ場を紹介したいと思います。

 

一言で言えば、もしあなたがどこか湖畔キャンプ場を探しているなら、この菖蒲々浜キャンプ場は本当にオススメします。

 

目の前の湖を眺めながら、朝の一息を過ごすことができ、本当に満足しています。

 

  • 景色最高
  • 炊事場綺麗
  • トイレ綺麗、お風呂もある
  • リヤカー無料で借りられる(荷物運び)

 

何も特に不便に感じることもなく、管理人の方々もとても親切な方ばかりなので、キャンプ初心者の方でも十分に楽しめると思います。

 

 

 

 

続きを読む

LINE経由でAmazonで買い物すると、LINEポイントが貰えるって知ってた?

LINEポイント

 

 

こんにちは、タクヤ(@takudaipare)です。

 

昨日の夜、何気なくLINEを開き、「最近のラインはすごいよな〜機能が沢山あって、なんでもできるじゃん」

って思っていたら、二度見するほどの驚きがそこにはありました。

 

LINE経由でAmazonで買い物すると、購入金額×0.5%のLINEポイントがゲットできます

 

あなたは、スマホアプリ、LINE経由でAmazonで買い物をすると、LINEポイントがもらえることを知っていましたか?

 

もし、今知ったというのであれば、次Amazonで買い物をするときは、ぜひLINE経由で買うべきです。

 

昨日その事実を知って少し後悔しました…。

その数時間前にそんなオイシイ話があったにも関わらず、いつも通りAmazonで買い物をしていたからです…。

 

続きを読む

あなたが炭酸水を飲むべき5つの理由と効果

炭酸水効果

 

 

質問です。

 

「あなたはコンビニ、もしくは自動販売機で炭酸水を買ったことがありますか?」

 

「あなたは、炭酸水を美味しいと思いますか?」

 

もしこの質問に対し、『YES』と答えたならば、炭酸水がもたらす効果をしっかりと得ているでしょう。

もしこの質問に対し、『NO』と答えたならば、あなたは今日、今から炭酸水の効能を知り、炭酸水を試しに飲んでみようかな?と思うでしょう。

 

炭酸水を飲むことであなたが得られる効能がこちらです。

 

  • ダイエット促進
  • 肩こり解消
  • 整腸作用による便秘改善
  • 疲労回復効果
  • 肌荒れ改善

 

続きを読む

男ならそのダッサい水着を捨てて、あのゾゾタウンにも無い水着を買うべき。

2019夏の水着

 

さあ、夏本番がやってきました。

プールに海、川で遊ぶ季節は、何でこう気持ちが盛り上がるんでしょうね?

 

 

あなたはもう水着は買いましたか?

去年着たやつを今年も着ますか?

 

おそらくあなたが水着を買うのは、地元のショッピングモールにある、サーフ系のショップ、もしくはネットで探して買っていると思います。

 

ショップで水着を選んでいるとこう思いません?

 

「ん〜できたら普段使いができる水着がいーな」

「なんかパッとしないというか、デザインが微妙なんだよなー」

「海とかプールで同じ水着着てる男と会って気まずかったわ」

 

僕もそんなことを思ってしまうから、中々水着が決まらないタイプです。笑

 

もし、まだ水着を買っていなかったら、ぜひオススメしたいブランドがあります。

 

ゾゾタウンにも出品されていないから、ほぼ誰かと被ることはないと思います。

 

 

続きを読む

居酒屋で雑なお通しを出すくらいなら、そんな文化なくなってしまえ。

居酒屋お通し

 

成人している人であれば、絶対に経験しているであろう。

お酒を飲みに居酒屋に行くと、注文したビールよりも早く出てくる例のアイツ。

 

「こちらお通しで〜す」

ホールの店員は当たり前のようにテーブルに人数分のお通しを置いていく。

 

20歳になり、大人の世界である居酒屋に慣れるまでは、どうもコイツが気に入らなかった。

 

「え、いや、頼んでないんですけど…」

「あ、でもこちらは提供することになっているので」

 

「あ…そうですか…」

 

こんなやり取りを、あなたもしたことがあると思います。

 

率直に言うと、

 

本当にこの慣習いらないです。

 

「たかが300円とかじゃん」

 

とか言われるのも分かります。でもそれが人数分となると中々の金額になるじゃないですか…少なくとも食べたいつまみが一品奪われている感覚になります。

 

昔からきっと当たり前の日本文化なんだろうし、ケチケチ言うなよって気持ちも分からなくもないけど、いらんものはいらないって僕は思うんです。

 

続きを読む