珈琲をアウトドアで楽しみたい人必見!揃えておきたいモノ5選

アウトドア珈琲

こんにちは!タクヤ(@takudaipare)です。

2019年に入り、個人的にずっと好きな珈琲をどこか自然の中で飲みたいなという気持ちが強くなっていて、とうとう色々買い揃えてしまいました。

例えば小川が流れる場所、公園、海、自分の好きな場所を探して、好きな珈琲豆を挽いてお湯を注ぎ、グイッと一口飲む。

これだけでもどれだけ幸せか珈琲好きの人には分かってもらえる情景だと思います。

「それやりたい!でも何を揃えたらいいんだろ?」

と思っているあなたへ、僕が買って揃えたグッズを紹介したいと思います。

これがあればすぐにでもアウトドア珈琲ライフを始めることができます!

揃えたのはこちらです。

  • コーヒーミル
  • コーヒードリッパー
  • スモールテーブル
  • チェアー
  • ガスバーナー

あくまでも家で現在珈琲を淹れて飲んでいる人が追加で必要な分だけを書きましたが、まだ一度も家で珈琲を淹れたことがない方に必要なのは、

  • コーヒードリッパー
  • コーヒーフィルター
  • ドリップポット
  • 飲んでみたいコーヒー(豆、粉はお好みで)

となります。ではアウトドアコーヒーライフに必要な道具をそれぞれ紹介したいと思います。

続きを読む

「仕事は楽しいかね?」の問いに人生で必要な”気づき”が隠されている

仕事は楽しいかね?

こんにちは、タクヤ(@takudaipare)です。

最近、働き方改革というのが少しずつ世の中に浸透してきましたが、

そこで露呈したのが、

会社員VSフリーランスという構図。

Twitterではそれぞれの立場で給料がどうだの、働き方、働く場所の自由さ、守られている強さ、スキルは会社で得るべき、いや仕事を辞め、学びながら実践してアウトプットをどんどんしようだの、いろいろぶつかっているのがよく目につくようになりました。

僕は正直どっちでもいい。どっちでもいいからそれぞれマウントを取って支持者を増やして数で勝負するのは正直見ていて嫌な気分になります。

そんなときに、ふとこの本を見つけました。

すごいシンプルなタイトルで、でも世の中の人が答えにくい質問だと思う。

仕事は楽しいかね?

この本を読んで思ったのは、どの仕事でもそうだし、どんな境遇にいる人も考え方次第で、いつもの仕事がガラッと見方が変わるなと改めて思いました。

会社員だおフリーランスだの、起業がどうのこうのってのはそれぞれ選択すればいい。

ただ、一番大事なのは、その場所でしっかりと”仕事”をすることで、目の前のお客さんの満足度を上げることだと思う。そのために自分にできることを日々探し、声に出し、行動する、その繰り返しだと思うのです。

今日は、この本を読んで思ったことを書いていこうと思います。

続きを読む

冷え性の人必見!寒い冬に使えるモノ3選

冷え性

こんにちは!タクヤ(@takudaipare)です。

今年の冬は暖冬と言われていますが、、、

マジで寒い!!

僕自身末端冷え性でありまして(男なのに、、、)、毎年この冬の時期は本当に辛い毎日を送っていました。

どんなに重ね着しても手足が凍るほどに寒いため、外に出ることさえめんどくさくなってしまいがちでした。

ただ今年2018-2019の冬はガラッと気持ちが変わりました。

今日は本当に買ってよかったなというモノをいくつか紹介したいと思います。

なんで今まで知らなかったのか後悔するレベルでした、、、。

続きを読む

仕事が出来る人は目の前に落ちているゴミに気付き、拾う。

仕事が出来る人

 

みなさんこんにちは!

 

今日は少し為になる話というか、大人になるにつれて求められる、ごく当たり前で、でも誰もが全員出来ているわけではないちょっとした”気付き”について話したいと思います。

 

率直に聞きます。

 

「家にゴミが落ちていたら拾いますか?」

 

もし、ここで「NO」と答えた人はそもそも論ですので、YESを前提に話を進めていきます。

 

ほとんどの人は「YES」と答えるはずです。

 

では、この質問はどうでしょうか?

 

「あなたの職場にゴミが落ちていたら拾いますか?」

 

この質問にはおそらく全員が「YES」と答えにくい質問なのかなと思います。

 

中には自信を持って「YES」と言える人もいるでしょう。

その人は総じて仕事が出来る人が多い傾向があります。

 

ではもう少し詳しく話していきたいと思います。

 

続きを読む

個人でTwitterでビシネス展開したい人が陥りやすい”オリジナル”という魔法の言葉

Twitterビシネス

 

 

 

 

こんにちは!

最近週1でTwitterからログオフして、オフラインの環境を楽しんでいるタクヤ(@takudaipare)です。

 

最近Twitter見てて思うんです。

「みんな”オリジナル”になろうと必死すぎやしないか?」と。

政府が打ち出した働き方改革が起因となって、みんな少しづつ自分の”生き方”にフォーカスするようになっていってるのは、

とても良いことだし、ビジネス界であったり各方面の著名人が

自分の好きな人生を生きよう」と言うのはその通りだとは思うんです。

会社に属さず、1人で稼いでいくとなった時に、今の時代はSNSで自己表現をしたり、個人の価値を高めるために有効なのももちろん納得だし、僕もそれを意識しながらSNSと向き合っています。

 

ただ、最近すごい思うのは

「オリジナルでなきゃマズイ。通り名を付けたり、変わった名前で人の目に触れる機会を増やし、興味というフックを人々にかけていかなきゃダメ」みたいな風潮というか、空気感がTwitterをはじめとするSNSでジワーッと広がっているように見えます。

 

先に結論から言うと、

「もうそう思ってる時点でオリジナルじゃなくない?」

「オリジナル風に見えて、もう万人が同じことやってて埋れてない?」

と僕個人的には思っています。

そこを目指して毎日血眼になっている人が多く見られ、変わったイベントを打ち出してフォロワーを増やしているし、その内疲れ果ててしまうんじゃないかなと少し心配の気持ちもあります。

 

今日はそんな感じでこのことについて話していこうと思います。

 

続きを読む

埼玉で藍染体験するなら牧禎舎がオススメ!”世界に1つ”が得られる場所

藍染体験

 

 

 

 

こんにちは!

昨日、友達と埼玉の行田市にある牧禎舎に行って藍染体験をしてきたタクヤ(@takudaipare)です。

最近買い物に行くと、ショップにインディゴブルーのTシャツやトレーナー、パンツなどが売られていて、ずっと気になってた藍染。

僕自身もインディゴブルーのTシャツ、パンツを持っていますが、一度、どういった工程で作られているのか、その様子を知りたくて、今回体験させてもらいに行ってきました。

 

終わった感想としては、

本当に奥が深く、細心の注意を払いながら一枚の商品を作っているんだなという伝統に触れられることができました。

ちなみに完成したのがこちら↓

藍染するなら埼玉にある牧禎舎 藍染するなら埼玉にある牧禎舎

 

左から順に、僕→友達1→友達2です。

 

良い色に染まっていませんか?

100%の出来ですごい満足しています。

藍染は昔から剣道などの道着にも使われており、通称『ジャパンブルー』とも呼ばれる日本が代表する伝統文化の1つです。

 

続きを読む

オリジナルTシャツ を作成するなら、オリジナルプリント.jpで決まり!

オリジナルプリント.jp

 

 

 

 

 

こんにちは!

最近Tシャツのデザインにハマっているタクヤ(@takudaipare)です。

 

実は今オリジナルTシャツを作って販売もしており、あっ興味ある方は見ていってください。

T-NINE BASE SHOP

BASEさんを使うと、在庫無しで月額無料でオンラインショップを作れるので、もし興味ある方は開いてみるのも良いと思います。

初期費用無料、月額無料 BASE


そこで多分こんなことを思うはずです。

 

「売れるのはいいけど、実物がどんなのかをまず知りたい」

確かに自分の手に取って自分の考えたデザインのTシャツがどんな感じなのかを知りたいはずです。

じゃないと堂々と胸張って販売できないですもんね。

僕も販売する前に、サンプルを作りました。こんな感じです。

T-NINE BASE デザインど素人がオリジナルデザインロゴを作った

 

今日は、僕がTシャツのサンプルを作成するのに奮闘した結果、Tシャツを印刷するならここ!って場所を2社挙げて、

それぞれの長所、短所を話していきたいと思います。

 

その二社はこちら

 

  1. オリジナルプリント.jp
  2. 吉成サービス

 

結果から言いますと、1のオリジナルプリント.jpを使うことを本気でオススメします!

これはあくまでも僕個人の感想ですが、同じTシャツのブランドで、同じデザインのTシャツを作った場合、オリジナルプリント.jpを使った方が納期が確実なのと、サイトの使いやすさ、オンラインチャット機能があり、分からないことはその場で聞けるので、とても便利でした。

 

ではそれぞれ比較していきたいと思います。

続きを読む

台湾人に聞いた、”ぶっちゃけ台湾で英語が公用語になることについてどう思う?”

台湾英語

こんにちは!タクヤ(@takudaipare)です。

今日は、台湾で来年から公用語が中国語から英語に変わることについての話を、

実際に台湾に住む台湾人の友達に聞いた意見と僕の意見を混ぜながら話して行きたいと思います。

話題の記事はこちら

Taiwan to make english an official language next year, says official.

英語の記事となるので、分からない人が多いかもしれませんが、僕はこの台湾政府の政策については賛成で、台湾の友達もその件については賛成でした。

友達と少し話しあった結果、たどり着いた答えは、

政府主導で公用語を英語にしたところで、学ぶ動機が個人に無かったら、誰も英語を話そうとしないだろうということになりました。”

当たり前の話ですが、日本だけでなく、韓国、台湾、日本は英語力の低い国として有名です。

英語に関する問題は日本だけじゃないんだよというのを伝えたく、この記事を書きました。

続きを読む

BASEでオリジナルショップを誰でも簡単に開く方法

BASE

 

 

 

 

こんにちは!

最近オリジナルロゴTシャツの販売を始めたタクヤ(@takudaipare)です。

 

改めてデザインから販売までを1人でやってみると、本当BASEって楽だなって思います。

一昔前だったら、それこそ個人がブランド持ってそれを商品化して販売ってなったら、店舗を作って販売するというのが普通でしたが、今は誰でも簡単に自分の作ったものを売れるから、

 

ぜひ興味ある人は始めてみてほしいです。

 

今日は興味あるけど、どうやってBASEでお店を開けばいいか、その疑問に応えたいと思います。


 

BASEの売りは、

  • 初期費用無料でタダでオリジナルショップをオープンできる
  • 月額費用が0円で出費がない
  • 今すぐ簡単にネットショップをオープンできる
  • 登録できる商品数は無制限
  • WEB制作の知識がなくてもショップのカスタマイズができる
  • クレジットカード、代引き、振込、コンビニ決済など多くの決済方法に対応
  • 独自ドメインが使える
  • 標準アクセス解析のほか、Google Analyticsも利用可能
  • 倉庫サービスが利用可能

 

 

これらのメリットが僕のオープンしようと決めた決め手でした。初期費用をかけたくなく、ネットショップのランニングコストも無料というのがとても魅力的でした。

 

ちなみに僕のショップはこちらです。

T-NINE BASE SHOP

 

売っているのはまだ一点でかっこいいロゴが入ったTシャツです。

良かったら覗いてみてください、良ければ買っていただけるとありがたいです。涙

 

続きを読む

まさに万能!オーストラリア発の軟膏クリーム”ポーポーオイントメント”は最強だった

ポーポーオイントメントクリーム

 

 

 

 

こんにちは!タクヤ(@takudaipare)です。

 

実は先日オーストラリアに住んでいる韓国人の友達が日本に観光しにきたのですが、その時にお土産としてもらった軟膏クリーム

”ポーポーオイントメントクリーム”がかなりの万能性を持った神商品だったので、それを今日は紹介したいと思います。

 

 
 
  • 肌荒れ、乾燥
  • 切り傷
  • かゆみ、やけど
  • 指、かかとのひび割れ
  • ニキビ、吹き出もの
  • 赤ちゃんのおむつかぶれ
  • 日焼けした肌のお手入れ
  • 髪の毛の毛先の乾燥
  • くちびるの乾燥

 

「この一本が持つポテンシャルの高さものすごくないですか!?」

 

これ一本で生活できちゃうんじゃないかと言うくらい、幅広い効能を持った万能クリームです。

しかもAmazonでも星4.6(2018年8月29日現在)と高評価を獲得し、値段も25gで1,200円と輸入商品にしてはかなりお手頃な値段となっています。

 

今日は少しこのポーポーを調査していきたいと思います。

 

続きを読む