【カメラ初心者必見】一眼レフと共に買うべきオススメ周辺機器とアクセサリー5選

一眼レフカメラアクセサリー

 

みなさんこんにちは!

写真好きがきっかけで、プロカメラマンになることができたタクヤ(Twitter @takudaipare)です。

 

最近だとiphoneやアンドロイドスマホのカメラ機能が上がって、写真を綺麗に撮ることができるようになりましたよね。

背景をボカすことができたり、簡単に気軽に撮影が可能になりましたが、まだまだ一眼レフの出番はあると思っています。

僕の周りでも一眼レフを買って子供の撮影をしたり、街に出かけてスナップ写真を撮ったりする人が増えてきました。

 

タクヤ
カメラ買ったけど、他必要なものあるの?

 

みなさんは一眼レフカメラを買っておしまいだと思っている人が多いと思いますが、実はそれ以外にも揃えておくべきアクセサリーがいくつかあるのです。

それがあるとより便利になりますし、撮影も楽しくできると思います。

今日は、その中でも初心者の方に揃えてもらいたいカメラアクセサリーと周辺機器をご紹介します。

 

続きを読む

ニキビや肌荒れで苦労した僕がたどり着いた究極の3つのスキンケア方法

ニキビのスキンケア

 

こんにちは!

 

中学生の頃からめちゃくちゃニキビに悩まされていた…タクヤ(Twitter @takudaipare)です。

タクヤ
おでこ、Tゾーンのニキビに悩み続けていました。

 

学生時代は部活もやっていたので、毎日大量に汗をかき、汗をトレーニングウェアやタオルで拭くと余計肌を傷つけてしまうんじゃないかと思って、中々デリケートにニキビと接していました。

 

当時13歳。

 

僕はたくさんニキビ撃退に効く方法を調べては試していたのですが、中々良くなりませんでした。

 

みかんの皮の汁をおでこに塗って「ビタミンC!!」を補給してました(無意味)笑

 

思春期という多感な時期をニキビがコンプレックスとなり、人目を気にするようになり、全く自分に自信を持つことができませんでした。

それが今ではほとんどニキビや肌荒れに悩む事はなくなったのが、当時の僕からしたら信じられないことだと思います。

 

僕が13歳から今現在30歳になるまでの17年間で見つけた「ニキビや肌荒れで苦労した僕がたどり着いた究極の3つのスキンケア方法」について書いていこうと思います。

 

決して怪しくも、うさんくさくもないです。

 

続きを読む

オーストラリアのローカルで仕事したら、時給$44貰えて稼げた

オーストラリアローカルジョブ

みなさんこんにちは!

オーストラリアでワーホリをすると、必ずどこかしらで働くと思います。

レストランで働いたり、ダイビングの仕事したり、お土産屋さんで働いたりと、ワーホリと言っても人それぞれやる仕事は違いますよね!

 

そしてヤラシイ話お金も働く場所や条件によって全く違いますよね。

僕は2年間のワーホリで、7つの仕事をしました。

その内ローカルのでの仕事は5つやりました。

ローカルは本当色々オイシイですね!

一番良かった時給は$44も貰っていました。

そして今日はその中から3つの職場で働いていた時の給料を公開したいと思います。

続きを読む

ワーホリは、自由な生き方をしてもいいんだと気づかせてくれる。

オーストラリアワーホリ

みなさんこんにちは!

ワーホリがきっかけで、起業をしたタクヤ(@takudaipare)です。

海外にワーホリしたいな〜。SNSとかブログでワーホリしてる人達見るけど、

い〜な〜凄いな、海外で生活できちゃうんだ。

僕はワーホリに行く前にそう思っていました。

単純に羨ましかったです。海外に憧れを持って、しかも英語も話せて

仕事もして、思いっきり遊んでて、、、。

そしてまさか自分がワーホリをして、「あ、人生って自由に生きていいんだよね」

って後々気づかされるとは思いませんでした。

 

人生は好きなように、自由に生きていいんです。

続きを読む

電車のドアに貼ってある広告が角丸の理由は広告効果を促進させるからである

電車広告

こんにちは!タクヤ(@takudaipare)です。

僕は普段電車を乗る際、なるべく時間を無駄にしたくない人なので、

スマホでニュースサイトやTwitterで情報収集をしたりして移動時間を効率的に過ごしています。

ある日、電車に乗ると、学生と会社員のプチ帰宅ラッシュの時もあってか、座る事が出来なくて、ドアの隅っこでスマホをいじっていました。

そしたらふと気づいたんですよね。

あれ、そういえば何で窓に貼ってある広告は鋭角ではなく、丸みを帯びた四角形なんだろ?」

これって皆さん絶対に電車乗る人は目にするモノですよね?

でもそれに対していちいち疑問を持ったことはないですよね?

「何でだろ?」

普段生きている上でどうでも良い情報だと思いますが、案外この小さな”気づき”に意味を見出せるか、どうかで

人生変わることもあると思っています。

今日はその小さな気づきを元に人生って気づきの量で豊かさが変わるんだなというのを話したいと思います。

続きを読む

パックンが「日本人は英語は必ず話せる」って言うけど本当かな?

パックン英語

こんにちは!

先ほど滅多に行かないスーパー銭湯にふといきなり行きたくなって、

湯に浸かって塩サウナで老廃物を出してきてスッキリしているタクヤ(@takudaipare)です。

そんな時に見つけたこの記事

多分多くの人が本当かよ!?って疑問に思う人がいるかもしれませんが、

実際に英語を半せるようになった僕も彼の理由を聞いて納得しました。

うん、頑張れば英語は話せるようになる。

続きを読む

英会話を独学で上達させたオススメの3つの方法

英会話独学

みなさんこんにちは!

英語は独学で全然身につくと思っているタクヤ(@takudaipare)です。

みなさんは英会話を学びたいと思った時、何を頭に思い浮かべますか?

  • 英会話スクールに通う
  • 英会話教材を買って勉強する
  • 外国人の友達を作る
  • オンライン英会話サービスを使う

などが挙げられると思います。

どれも正解です。英語を学ぶのに正解はなく、もっと言うととっておきの簡単に話せるようになる方法なんてのは存在しません。

その中で、実際に英語が話せなかった僕が、

独学で勉強して英会話を上達させた3つのオススメする方法を話したいと思います。

これを参考にして、今後の英会話の勉強に役立てて見てください。

 

続きを読む

英語のリスニング力を上げるコツなんて調べるな、毎日英語に触れるだけでOK。

英語のリスニング力

みなさんこんにちは!

日常会話ってどこまでの範囲のことを言ってるか、理解していないタクヤ(@takudaipare)です。

英語を話せるようになりたい人や、英語力を上げたい人がたくさんいますが、

英語力と言っても何に集中して勉強するのか、

  • スピーキング
  • リスニング
  • ライティング
  • リーディング

この4つに分けられ、それぞれ勉強方法は異なりますが、

もし、「英語を話せるようになりたい」と考えている人は少なくともスピーキングとリスニングの能力をあげる必要があります。

 

特にリスニング、この能力がないと会話が成立しません。

インターネットを調べると、たくさん情報が出てきますよね?

*リスニング力を上げる○つのコツ!

*リスニングは簡単に上達する!

*3ヶ月でネイティブの英語が聞き取れる方法

 

などなどありますが、僕ははっきり言います。

 

英語に近道はありません!!そんな暇があるなら一つでも多く英語を脳に聞かせよう!

 

みんな近道したい気持ちでいっぱいで、楽ばかりしようとしがちです。

今日は僕なりにリスニング力の上げ方を紹介したいと思います。

 

続きを読む

【勘違い注意】英語を学ぶ為ならワーホリに行く必要はない。NOVAに行こう。

ワーホリ人生

 

 

 

みなさんこんにちは!タクヤ(@takudaipare)です。

昨日、日本の若者には教養が足りない、読書をして教養を養おうという記事(https://life-x-life.com/?p=375)を書きましたが、

これが意外と需要があり、アクセス数が高くなっています。

 

そして今現在ワーホリでオーストラリアなり、カナダ、UKにいる人達もまた、教養があまりにも低いのが問題となっています。

 

みなさん口を揃えて言うのですが、

「ワーホリに行って英語を学びたい」と言います。

この言葉があまりにも薄っぺらいもので、ズバリ言わせてもらうと

 

英語学びたいなら、わざわざワーホリに行く必要はない、NOVAに行こう

 

では、なぜそんなことを言うのかをお話ししたいと思います。

 

続きを読む

ワーホリ行く前に海外転出届を出すべき。年金の支払いは選べる。

海外転出届

皆さんこんにちは!

ワーホリ行っている間も年金を払っていたタクヤ(@takudaipare)です。

オーストラリアにワーホリを考えている方は、たくさん準備する事が多いと思います。

語学学校だったり、英語の勉強もしている人もいるだろうし、

その中で意外と皆さんが悩むのが、

「ワーホリ行く時、海外転出届とか年金てどうしたら良いんだろ?」

というのが多いと思います。

 

僕はワーホリに行く前に住んでいる市役所に行って、海外転出届を出して行きました。

そして年金も引き続き銀行口座から引き落としを2年間行っていました。

 

ではそうするメリットとは何なのかを説明していきたいと思います。

続きを読む